人生のブループリントを思い出せ! 
 令和が始まった今!
 あなたは、これから何をやろうとするのか?

 

5月11日に美の女神アフロディーテのワークショップを開催しました!

 

今回も沢山の方にお出でいただき、誠にありがとうございました。

 

さて、またまた今回も珍しいバラの花をつかってワーク!

 

写真にありますが、赤と白が、あちこちに散らばっているような妙なバラです。

そのバラの名前は、なんと、「万華鏡)!

 

この新種を開発した人が、まるで万華鏡を覗いた時のようなイメージがしたということで名付けたといいます。

 

花屋さんで、そのバラを見た瞬間、ああ、またアフロディーテからのメッセージが!

 

「人間の人生も、まるで万華鏡のようね」と。

 

私は、一瞬、心の中で、

 

「まさか、今回、このバラを使うのか!?」

 

と思った矢先に、

 

「そう、その通りよ。

人間が、まるで万華鏡のように、いろいろ幻想の人生を送っているのを、少し正してみましょうね!」

 

ああ、、、またまた良からぬ予感が?と思いましたが、

今回の参加者は、みな新しい人生を歩もうとしている人だとのこと。

 

ですから、まるでタロットのカップ7のように、いろいろな幻想に迷っている場合じゃなくて、しっかりと自分の人生のブループリントを捉えて、今後のターゲットを明確にすることが大事とのことでした。

 

なるほど!

 

そのため、誘導瞑想で自分が地球に来る前に経験してきた様々な星域や惑星などを旅しました。

 

そそて最後には宇宙の中心のグレートセントラルサンから光線を降ろし、しっかりと人生のブループリントに目覚めるようにワークしました。

 

最後には一人一人に対するチャネリングメッセージが届けられましたよ。

 

みなさんが、この地球にやってくる前、様々な星々で生きていて、それらで培ってきた個性や才能を、今、どのように活かしたらいいのか?

アフロディーテから一人ひとりにアドバイスがありました。

 

今思い出してみると、本当に、人間って、いろいろな宇宙を体験して、この惑星地球にやってきているのですね。

 

まるで、SFですが、それらが本当ならば、

まさに「事実は小説よりも奇なり!!」です!

 

さて、人生とは万華鏡のようなもの。

いろいろな体験をするもの楽しいですが、寄り道ばかりしていると、前に進まないので、時にはしっかりと真髄を見極めましょう!

 

それでは今回も、楽しいひととき、どうもありがとうございました。

 

このワークショップは、大人気!次回は8月を予定しています。

初めての方でも、どうぞ遠慮なくご参加ください。

 

 

 ◆美の女神アフロディーテのワークショップ

http://www.e-lapisblue.com/ivent

(余談)

いつも買いに行く花屋のおばさんの話。

「うちの亭主は、最近、珍しいバラばかり買ってきて、困っているのよ。

全然売れないから。

でも、お客さん(私)が、いつもまとめて買ってくれるから、ホント助かるわ

。珍しいのが好きなんだね???」

(好き嫌いじゃなくて、もう買わざるを得ない理由は言えませんね。。。(^^♪)

 

♪アフロディーテとは、ギリシャ神話の中に出てくる美と愛の女神。

オリンポスの12神の一人にも数えられ、英語圏ではヴィーナスとしても有名で、とても人気があります。

画家ボッティチェリが描いた「ヴィーナスの誕生」という絵画でも有名ですね。

彼女は、人々の人生が開花するよう、様々なパワーを与えてくれます。」

 

  

【アフロディーテのチャネリングの個人セッション】

チャネリングの個人セッションも受け付けています。じっくりと、女神と一対一で、あなたのご質問や悩みにお答えします。

http://www.e-lapisblue.com/menu/aphroditechanneling

 

【ローズヒーリング】

薔薇の美しいエネルギーを使ったアフロディーテによる美と癒しのセッションです!

http://www.e-lapisblue.com/menu/rosehealing

 

 

:*:・’゜☆。.:*:・’゜★゜’・:*:.。.:*::*:・’゜☆:*:・’゜☆

ヒーリングサロン ラピスブルー 代表 牛窪光司

埼玉県川越市大袋新田767-8
電車:西武新宿線南大塚駅北口から徒歩13分
お車:関越自動車道川越インターから5分(駐車場完備)
アクセス;http://www.e-lapisblue.com/root    
http://www.e-lapisblue.com/
Tel 080-5422-5978
mail; info@e-lapisblue.com

※お気軽にお電話ください。